福生市観光協会webサイト
インフォメーション 伝統・文化 国際性 自然 お店・特産品 お問い合わせ
イベントカレンダー サイトマップ
イベント 景観 文化財
第十二話「竜神さまのひるね」
 むかし、福生の、ある夏のことでした。まいにち まいにち、カンカンでりの雨のふらない日が つづきました。畑の やさいもかれ、田んぼもひあがり、多摩川の水も カラカラになってしまいました。

「このまんまじゃ、村は さばくになっちまうべ」
「もうちっとで、いどの水が なくなるべよ。そうなったら、みんなしんじゃうべ。どうしたら いいべなあ」
「雨がほしい、雨がほしい」

 雨ふり山には、雲一つありません。
 村人たちは、ギラギラかがやく、お日さまを みあげて、うらめしそうにいいあいました。
 雨の神の竜神さまは、雨をふらせることをわすれてしまったのでしょうか。
 村人たちは、みんなで 雨ごいのおいのりをすることにしました。

 宝蔵院のひろばに あつまった村人たちは、みんなでもちよった むぎわらで、大きな竜をつくりはじめました。大人も子どもも、みんなで 力をあわせたので、ながさが 二十メートルもある、りっぱな竜ができあがりました。

 竜のほかにも、風神さまや 雷神さまのすわる みこしもつくりました。竜神さまに おそなえする、お酒やごちそうも よういしました。
 それから、村人たちは、ふんどし一つの はだかになって、体に まっ黒なすみを ぬりたくり、みこしと竜を かつぎあげました。

 ♪大岳山の 黒雲さん
    これ かかれ 夕立ち
  あの雲 かかれば
    雨か あらしか
    セィヤ セィヤ♪

 かけ声あわせて うたいながら、永田の水神さまのそばの、「竜づけばけ」と、いうところまでいきました。
 そこで たちどまり、がけの上から、
「セーの、ドッコイショ」
と、大きな竜を、水のない 多摩川へ なげこみました。それから、みんなで 雨ふり山にむかって おいのりをしました。おいのりが すむと、川原へおりて、みんなで酒をのんだり、かねやたいこをたたいて、うたったり おどったりして、大さわぎをしました。
 その音は、多摩の峰みねに ひびきわたりました。

 大岳山のてっぺんで、ぐっすり ひるねをしていた 竜神さまは、あまりのさわがしさに、ふと 目をさましました。峰のあいだから のぞいてみると、川原では、村人たちが「雨、雨、ふれふれ」と、はだかになって 大さわぎをしていました。水のひあがった 竜づけばけには、およげなくて こまっている むぎわらの竜もいました。
「やれやれ、すこし ねすぎた ようだわい。これ、風に雷。おまえたちも もう おきなさい」
 竜神さまは、いっしょにねていた 風神さまと 雷神さまをおこして、
「下を みてみなさい。村人たちが、わしらに ごちそうして くれるらしいぞ」
と、いいました。
 竜神さまは、雨雲を わきおこしながら、村人たちの かねやたいこにあわせて、空一ぱいに おどりはじめました。風神さまと 雷神さまも、まけるものかと めちゃくちゃおどりを はじめました。
 大岳山にも 雨ふり山にも、みるみる 雲が かかってきました。雷がなり、風もでてきました。やがて、村人たちの まちにまった雨が、ザーッと、音をたてて ふりだしてきました。
「わぁーい、雨だ雨だ」
「バンザーイ」
 村人たちは うれしなきをして、村がさばくに ならなかったことをよろこびあった、ということです。
お母様へ
●宝蔵院
 現在は廃寺で、宮本橋(旧宝蔵院橋)際に、観音堂として残っています。
●水神様
 永田クラブの隣にある関上神社で、現在は神明社に合祀されています。その昔、洪水時に古堰に流れついた、妙見に似た十五センチほどの像を御神体とし、堰は関と同訓から関上神社としたそうです。
●竜づけばけ(ばけ=がけ)
 柳山公園あたりの、多摩川の屈曲部の断崖には、竜が住むにふさわしい淵があったのでしょう。
●雨降り山
 双子山とも呼ばれ、五日市町と桧原村の間にある、馬頭刈山と鶴脚山の俗称で、右後方に大岳山があります。双子山は、快晴の時はよく見えないが、大岳山や後ろの山々に雲がかかると、はっきり見えてくる。こんな時には雨が降る、といわれたそうです。
トップページインフォメーション伝統・文化国際性自然お店・特産品お問い合せイベントカレンダーサイトマップ
2005 Tokyo Fussa City Tourism Associaiton, All rights reserved 福生市観光協会 〒197-0022 東京都福生市本町18 電話080(6529)0171(代表)
本サイト上の各ファイル、内容に関する諸権利は、原則として福生市観光協会に帰属します。
Produced by TOSHiDEAS Worked by Fdesign