福生市観光協会webサイト
インフォメーション 伝統・文化 国際性 自然 お店・特産品 お問い合わせ
イベントカレンダー サイトマップ
イベント 景観 文化財
第十四話「こんにゃくばばあ」
 むかし、福生に、こんにゃくばばあ という お化けがいました。
 夜おそく、道を あるいている人の ほっぺたを、ながーい舌でペロリとなめるのでした。なめられたほっぺたは、くさってしまうので、たいそう こわがられていました。

 ある山伏が、そのはなしをきいて、
「よし、そのお化けを たいじしてやろう」
と、山から おりてきました。
 山伏は、金剛杖という ぼうをもっていました。そのぼうは、刀がはいっていて、なぜか、かえるの絵がほってありました。

 山伏は、こんにゃくばばあが でるという、熊野橋あたりにきました。
「ヒッヒッヒッヒッ、おまえも なめられにきたか」
 橋の下の くらやみから、きみのわるい声がしました。
「おのれ、化けもの、こっちへでてこいっ!。わしが やっつけてやる」
「ヒッヒッヒ」
 山伏にこたえるように、橋の下から ふわり、と 黒いものが とびだしてきました。
 かおはしわくちゃで、口が耳までさけ、ながい舌を びらびらさせた、うわさの こんにゃくばばあでした。
 山伏が、金剛杖から 刀をぬいたとたん、ばばあの左うでが するすると のびてきて、山伏のかたに つかみかかりました。山伏は、スパッ、とそのうでを きりおとしました。
 ところが、きりおとされたあとから、ニョロニョロと あたらしいうでが はえてきました。
「ヒッヒッヒ、おまえごときに おれがやられるか。うでなんぞ、いくらでも もっておゆき」
 こんどは 右手がのびてきたので、スパッ、ときりおとすと、またニョロニョロと はえてきます。山伏は、さっ、とちかづいて、右足をきっても ニョロニョロ、左足をきっても ニョロニョロ。いくらきっても すぐはえてきます。
「ヒッヒッヒ、そろそろ ほっぺたを なめてやろうか」
 ばばあは そういうなり、舌をベロベロッと のばしてきました。
 山伏は、すばやくうしろにさがって、のびてきた舌を さっ、と刀で よこにはらいました。ところが、その刀に、ばばあの舌が くるくるとまきつきました。
「な、なんと」
 刀は、おしてもひいても うごきません。山伏は刀をはなし、首にかけた じゅずを、ばばあのひたいめがけてなげつけました。
「いてえっ」
 ばばあが ひるんだすきに、山伏は、刀をうばいかえして にげかえりました。
「なんて おそろしい べろなんじゃ」
 かたでいきをしながら 刀をみると、刃はボロボロ。山伏は、福生一ばんの刀かじを たずねてそうだんしました。
「みてのとおり、刃がボロボロじゃ。これでは あの化けものを たいじできない。そなたに、なにものにもまけない 刀がうてぬか」
 刀かじは、ざんねんそうに こたえました。
「せっかくですが、うちにはいま、むこうづちがいないので、大刀はうてないのです。」
 大きい刀は、大づちでうつ、むこうづちという人が ひつようなのです。刀がなくては、化けものたいじは できません。
 二人がこまっていると、トントンと 戸をたたく音がしました。
 戸をあけてみると、白いきものをきたりっぱな若者が たっていました。
「おこまりのようですが、わたしが むこうづちを ひきうけましょう」
 若者はそういうと、そこにあった大づちを手にとり、刀かじに 小づちあわせを たのみました。
 トンテンカン、トンテンカン、
 二人のいきは ぴったりあい、若者は みごとなうでまえでした。
 山伏とやくそくした 刀かじは、それからは まい朝、金ぼりの滝にうたれて 体をきよめてから、熊野さまにおいのりして、炉にむかいました。
 いく日かして、二人は、りっぱな刀を つくりあげました。
 山伏は、その刀に、かえるの絵がほってある つばをつけて、でかけました。
 そして、「ヒッヒッヒ」と、わらっている こんにゃくばばあの 手足をきりはらい、舌がのびてくるよりはやく、空中にとびあがり、ひたいからまっぷたつに、きりおろしました。
「ギャーッ」
 大声で のたうちまわる、こんにゃくばばあは、みるみる一ぴきの 大きな なめくじのすがたにかわり、ヒクヒクしながら しにたえました。こんにゃくばばあの しょうたいは なめくじだったのです。
 山伏は、さっそく 刀かじをたずね、
「たったいま、あの化けものを うちはたしたぞ。刃こぼれなど、一つもない すばらしい名刀じゃ」
「それは おみごとでした。これで、村の人たちは あんしんできます」
 刀かじは ことのほか よろこびました。
「ところで、あの若者が みえないが」
「はい、それが、ふしぎなことが ありまして。ちょうど、山伏さまが 化けものを きりすてたころでしょうか、あの若者は『わたしの用は すみましたので』といって、そとへでるなり、一すじの 白いへびのような けむりになって、熊野さまの森のほうへ きえていったのでございます。
 刀かじのはなしをきいた 山伏は、ふかくうなずきました。
「あの若者は、神のつかいであったのじゃ。むこうづちに すがたをかえて、この名刀をつくって くださったとは、まさに 神のごかごというべき、ありがたいことじゃ」
 山伏は、その刀を 熊野さまにおさめました。
 そして、山伏が 山にかえろうとすると、ふしぎなことに 村中のかえるが 声をそろえて ほめたたえるように なきだしました。
 そのころから、熊野さまのけいだいには、大きな石のかえるが おかれるようになり、村人たちに とてもしたしまれました。
 そして、刀かじは、それからは 刀をうつことをやめ、よくきれる かまやなたに、すきやくわなど、田畑につかうどうぐを つくったので、ますます 村人たちにしたわれ、名工の名は、とおくまで つたえられた、ということです。
お母様へ
●熊野神社
 熊野橋の近くにありましたが、神明社に合祀されました。祭神は、スサノオノ命で、八岐大蛇(やまたのおろち)を切って天叢雲剣(あめのむらくもつるぎ)を得たといわれます。
●蛇と蛙となめくじ
 古くから日本には、蛇は蛙を飲み、蛙はなめくじを食い、なめくじは蛇を溶かすという、三すくみの思想があります。「こんにゃくばばあ」は、蛇と蛙が手を組んで、なめくじをやっつける話です。なお、蛙は「お金がかえる」といわれ、信仰の対象にされました。
●金ぼりの滝
 昔、金掘川の源には、崖からの噴流が数条あって、シマヤの滝といわれました。現在、この川は蓋をされています。金掘りの名からして金でも採れたのでしょうか。
トップページインフォメーション伝統・文化国際性自然お店・特産品お問い合せイベントカレンダーサイトマップ
2005 Tokyo Fussa City Tourism Associaiton, All rights reserved 福生市観光協会 〒197-0022 東京都福生市本町18 電話080(6529)0171(代表)
本サイト上の各ファイル、内容に関する諸権利は、原則として福生市観光協会に帰属します。
Produced by TOSHiDEAS Worked by Fdesign